節分の日2013 恵方巻きの食べ方・今年の方角 | 明日のネタ帳

節分の日2013 恵方巻きの食べ方・今年の方角

スポンサードリンク

Ehomaki

2013年節分の日のに食べる恵方巻きについて。

恵方巻きの概要、恵方巻きの食べ方、食べる方角などをお教えしていきます。


恵方巻きの概要

節分のとは、各季節の始まりの前日、
特に立春の前日である2月3日を指し、
その日に太巻き食べると縁起が良いと言われています。

そして、その年の“恵方”その年の干支によって定められた方角)
を向いて食べると縁起が良いことから、
『恵方巻き』と呼ばれるようになりました。

今年の恵方の方角

まず結論から言いますと、
今年の恵方は、『南南東やや右』です。

あまり知られていませんが、
この恵方を定める干支ですが、
実は十二支ではなく、十干(じっかん)です。

十干とは、
甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)
の10種類からなるもので、 西暦の下一桁によって定まります。 

甲:4、乙:5、丙:6、丁:7、戊:8、己:9、庚:0、辛:1、壬:2、癸:3

そして、それぞれの方角は、

甲・己:東北東やや右(75°)
乙・庚:西南西やや右(255°)
丙・辛・戊・癸:南南東やや右(165°)
丁・壬:北北西やや右(345°)

この方位角は、北を0°とし、そこから時計回りに見た角度です。

今年は、2013年なので、十干は“癸”にあたり、
方角は“南南東やや右(165°)”になります。

恵方巻きの食べ方

恵方巻きの食べ方には注意することが有ります。

  • 恵方巻きは、切らずにひとり一本用意する

「縁を切らないように」という意味があります。

  • 恵方の方角を向いて食べる

上述した、十干によって定められた方角を向いて食べます。

  • 黙って、願い事をしながら食べる

しゃべると運が逃げると言われています。

以上、節分の日2013 恵方巻きの食べ方・今年の方角でした。

ちなみに、
恵方巻きの意味・由来などはこちらをご覧下さい。
節分の日2013 恵方巻きの意味・由来について

恵方巻のコンビニ予約についてはこちら。
恵方巻き 予約 コンビニ比較

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサードリンク
  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 明日のネタ帳

この記事のコメント

この記事へのコメント

明日のネタ帳 TOP » 節分 » 節分の日2013 恵方巻きの食べ方・今年の方角 - 明日のネタ帳